2016年01月20日 UPDATE

新商品トモ羽子板 S 発売

トモ羽子板S画像[用途]

●短期基準接合引張耐力 8.56KN。

●小屋梁と軒材、軒材と柱材、胴差と床梁及び通し柱と胴差の接合に使用します。

[特徴]

●羽根部とボルト部がプレス加工による一体成型のスリムタイプです。

●羽根部の突起加工でかんざしの六角ボルト(M12)の頭が引っ掛かり空回り

しないで、ナットの締め付け作業を片側で行えます。

●羽根部をコンパクトにすることで4寸の木材で座掘り無しの場合でもネジ山

が十分に確保でき、ナットが締めやすくなっています。

●仕上げ面がフラットになる為、床材や根太を直接土台に置くことができます。

[使用方法]

●一般の羽子板ボルトと同じように、柱を引き寄せ固定します。

 

詳細はこちら