2017年06月05日 UPDATE

P3プラス 一般流通材で大スパン・CAD/CAMで合理化

加工パース今回ネットイーグル㈱により開発された「テックワンP3+金物オプション」はXstarに対応するため、通常の金物工法と同様の使い勝手で取り扱えるようになりました。

また、「断面図入力」を可能にしたことで平面入力が難しい斜めの材などの入力も容易になりました。

 

平成29年6月2日付け日刊木材新聞_抜粋