最先端技術と最新設備。
製造と生産の力。

耐震への対応で躯体強度が高まり、結合する建築金物にも加工能力の増強が求められています。また、現場効率のアップとコスト削減をめざして、プレカットへの需要も大きなものとなりました。こうしたニーズに対応して、タツミでは設備への投資を惜しみなく行い、つねに最新技術と最先端設備で信頼にお応えする製品を作り出しています。

板金

NSプレスブレーキ (220t×4m)× 1台
(170t×3m)×1台
(150t×3m)×2台
(100t×3m)×1台
(80t×2m)×1台
(50t×2m)×1台
(30t×600mm)×1台
NSターレットパンチプレス (5’×10’)×1台
(4’× 8’)×1台
NSセットプレス (30t×3m)×1台
シャーリング (6.5t)×1台
(4.5t)×1台
コーナーシャーリング (6.5t)×1台
バリ取り機 1台
ボール盤 1台
タッピングマシン 2台

プレス

大型プレス 400t×1台
Wクランクプレス 250t×1台
200t×3台
150t×1台
110t×1台
Sクランクプレス 150t×3台
110t×2台
100t×2台
80t×3台
60t×4台

プレカット部門

全自動構造材プレカットライン 2ライン
横架材加工ライン 1ライン
柱材加工ライン 1ライン
登梁加工ライン 1ライン
傾斜昇降盤 1台
自動鉤盤 1台
隅木・谷木加工機 1台
溝切り盤 1台
ハウジングサンダー 1台
全自動羽柄材加工機 1台

溶接

CO2溶接ロボット 14台
CO2半自動溶接機 13台
アルゴン溶接機 1台
スポット溶接機 3台

タツミは製品ひとつひとつに
経験とノウハウを注ぎ込みます。

4mベンダー

シャーリング加工

400t順送プレス機

200t順送プレス機

CO2溶接ロボット

板金

板金部門は切断・穴あけ・折曲げなどの加工をすべてNCにて行い、精密な数値制御と管理を徹底しています。

プレス

大型プレス400tをはじめ、250tから60tまで、約30台を設置。板厚6mmまで対応可能なNSロールフィーダーを導入し、順送ラインによる大量生産が可能です。また、ベテラン技術者による小ロット/短納期の生産にも対応できる体制が整っています。

プレカット部門

タツミオリジナル接合金物「テックワン・クレテック」専用の集成材をプレカットするだけでなく、軸組工法用の屋根・壁・床のパネルを製造。邸別の資材は一揃えになって梱包され、物流センターから配送されます。

溶接部門

板金と溶接のライン化により、生産性の向上とリードタイムの短縮を計っています。また、汎用性のある溶接ロボットを導入し、高精度・低コスト化を実現。
幅広いニーズに対応した圴一の品質で、低コストの製品を供給します。